« 170回目の生放送 | トップページ | あらたマンスリーへ寄稿 »

おすすめ海外ドラマ

場の空気をつくるMC
生粋のローカル芸人
リンクアップとっしーです。


海外ドラマ

TOUCH/タッチ


24-TWENTY FOUR-
ジャック・バウアー役の
キーファー・サザーランド
が主演しています。


ただ
それだけで
観始めた
ドラマ


特殊な能力を持つ
無言症の息子が
父とふたりで
数字の謎を
解いていく


という
内容です。


とりあえず
「数字」が
ストーリーの鍵となり
展開していきます。


言葉で
伝えるのではなく
数字で
会話していく


ただそれは
通常の会話とは
違い
受け取った側が
その数字の
意味を
見つけ出さなければ
ならない


おそらく
字幕だったら
観続けてない
です。


それだけ
ややこしい
です。


そして、
細かい感情が
とても
重要な
ドラマなので
吹き替えが
おすすめです。


人と人は
繋がっていて
その流れに
異変が生じるのを
主人公が
解決していきます。


流れを正そうと
奔走します。


逆に考えれば
その異変も
運命であるなら
それに
逆らっては
いけないのかもしれません



フィボナッチ数列
とか
そゆ言葉が
いっぱい出てきますが
数学苦手でも
大丈夫。


言葉の印象として
受け取って入れば
よいです!



ジャック・バウアー
の印象が
強かったので
今回の役柄
違う一面が
観られて
よいです


シーズン1は
1話完結型。


シーズン2
4話くらいから
急激に
話が展開していきます


ジャック・バウアー要素が
ちらほら
出てきて
24好きは
あぁ、なんか安心する
と思う
かもしれません(笑)


1話完結型
ですが
しっかりと
大筋伏線を
張っていて
それが
シーズン2で
展開しはじめます。


「ひとり」

流行った時期が
コロナ前
少しありましたが
このドラマは
人との関わりを
その大切さを
教えてくれる
ドラマです


ネット社会になり
個人が個人を
簡単に
傷付けられる
世の中


そんなつもりはなかった



セリフが
飛び交っている
のが
現状


かならず
人と関わっている

ということを
忘れている

そこの
あなたが
観るべき
1本です。


ただ
残念なのは
そゆ人は
この記事を
読んでない
ということ(笑)



ってことで
1日笑顔でいきましょ!


更新
2021/08/31 22:32

« 170回目の生放送 | トップページ | あらたマンスリーへ寄稿 »

コメント

頭の体操にもなりそうなドラマみたいですね。そして人間関係ということの社会勉強にもというくらいなので全然知らなかったドラマです。ドラマ見ても本読んでもこういう内容の作品は私にはなかったなぁと改めて思いました。(T_T)(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 170回目の生放送 | トップページ | あらたマンスリーへ寄稿 »